top of page

​プログラム内容

hiraganagaiyo.png

お申込受付中!!

8月スタート生徒募集中!!
受講期間:2024年8月~12月
「読める」「書ける」を増やしませんか?

※教室利用をご希望の方は、まず個別相談・体験授業」にご参加くださいませ

一人ひとりの習得状況を知るところからスタート

お子さまのひらがな読み書きの現状を確認するため、初回授業までに面談を実施し、初回授業時には検査を実施します。

その結果をもとに、一人ひとりにあった授業を組み立て、マンツーマンの授業を5か月かけて行っていきます。

授業後には、授業のフィードバックご家庭でのサポート方法について保護者さまに分かりやすくお伝えします。

図6.png

ひらがな読み書きの支援で最終的に目指される状態は、「考えなくても読める・書ける」です。

 

ここで前提になるのが、「読めなければ書けない」ということ。

読む力が育まれてこそ書く力も身に付きます。

 

本教室では、「考えなくても読める」ために不可欠な2つの土台を学習します。

その2つが、音韻操作マッチングと呼ばれるスキルです。

 

プログラムを通して学ぶ2つのポイント

音韻操作:言葉を音の粒に分解する力のこと

 ⾔葉を⾳の粒に分解する練習を⾏います。
 イラストを⾒て、⾳の数だけ⼿を叩いたり、
 しりとりやクロスワードなど、⾳韻を意識した⾔葉遊びに取り組みます。

音韻分解

しりとりなどの

言葉遊び

マッチング:文字と音を一致させる力のこと

 ⽂字と⾳を⼀致させる活動を⾏います。
 フラッシュカード等を使いながら、

​ 単⾳→単語→単⽂の順に学習をしていきます。

例:「はっぱ」が「は」「っ」「ぱ」の三つの音に分解することができ、「っ」の音がどこにあるのかが分かる。

 例:「あ」の文字を見て「あ」と言え、「あ」と音で聞いて「あ」のカードを選択できる

フラッシュカード

プログラム終了後のサポート

最終授業では再度検査を行い、その結果をもとに保護者さまと最終面談を行います。

 

面談では、

・プログラム開始時に立てた個別目標の達成状況

・お子さんが身に着けた学習方法お子さんに合う取り組み方

・今後も必要とされるサポート

・今後もご家庭でできる取り組み

 

についてお話をします。

※教室利用をご希望の方は、まず​個別相談・体験授業」にご参加ください

◆オンライン受講に必要な機器について◆

 

オンライン受講の際は、「オンラインビデオサービス Zoom」を使用します。

オンラインでの受講にご不安のある方は、ぜひ無料の個別相談・無料体験にご参加ください

ご家庭にオンライン用機器がない場合は、タブレットのレンタルも行っております。

※レンタル料として、6,000円がかかります(送料込)

fire_HD.HEIC
webカメラ.jpg
ペンタブ.jpg

​タブレット機器

​※レンタル可

​webカメラ

​ペンタブレット

個別相談・無料体験授業 申込受付中! (4).png
bottom of page